労働安全衛生への取り組み

労働安全衛生マネジメントシステム方針

労働安全衛生マネジメントシステムに基づく取り組みに全従業員が参画し、快適な職場環境のもと健康で安全な労働環境を確立する。

行動指針

1.ジェイ・アール・シー特機株式会社は、基本方針に基づき、労働安全衛生マネジメント活動を最重要課題の一つとして掲げ、次の事項を実行する。

  1. 災害防止の取り組みを経営の重要課題の一つとして位置づける。
  2. リスクアセスメントに基づき、各部門において労働安全衛生マネジメント目標を設定し、作業環境の変化に応じて見直しをする。労働安全衛生マネジメントシステムの継続的な改善に全従業員で取り組み、負傷・疾病の防止をする。
  3. 労働安全衛生に関する法令、当社が同意するその他の要求事項を順守する。
  4. 事業活動に係る労働安全衛生リスクを低減すべく、特に次の労働安全衛生リスクの低減を行う。
    1. (1)重大災害の防止
    2. (2)安全作業の推進
    3. (3)作業前の安全点検の徹底
  5. 労働安全衛生マネジメントシステム教育訓練を充実させ、全従業員及び当社の管理下で働く協力会社全従業員に本方針と労働安全衛生マネジメントシステムを周知し理解させ、また、労働安全衛生の義務を自覚させる。
  6. 顧客、労働基準監督署、地域住民など利害関係者が入手可能なようにホームページで「労働安全衛生マネジメント方針」を公開し、維持する。
  7. 労働安全衛生マネジメントシステムが当社にとって適切かつ妥当であるよう確実に維持するために毎年3月に見直しをする。

規格認証取得

適用規格:
OHSAS 18001 : 2007
認証取得日:
2014年9月26日
2017年度労働安全目標
  1. 労働安全衛生法および関連法規の遵守
  2. 重大災害の防止
  3. 安全作業の推進
  4. 作業前の安全点検の徹底
  5. 化学物質に関するリスクアセスメントの導入
  6. 生活習慣病の予防
  7. メンタルヘルスケアの推進