先輩社員からのメッセージ
品質保証部門

技術職を経て品質管理の業務へ。
常にチャレンジする気持ちで前進します。

品質管理課 社員2004年入社

現場での経験を活かして新部署でキャリアアップ!

僕は入社して8年目になります。この会社を希望したきっかけは会社見学でした。若手社員の方々が明るく伸び伸びと働いている雰囲気や、若手にもどんどん仕事をまかせているという話に共感したのを覚えています。そして、学生時代に学んだ理系の知識を活かせる特殊な仕事に就きたいという思いもあり、海上自衛隊の艦船や航空機に搭載されている、普通の生活では一生出会えないような精密機器を扱う当社に入社を希望しました。

入社以降はずっと、造修部門で潜水艦や護衛艦などの精密機器の整備や、技術提案といった現場での業務に就いていたのですが、1年前に品質管理課に異動になりました。品質管理課では、品質システムの適合性の審査、外注先の品質審査の実施、技術基準などの審議、仕様書の確認などを行っていて、そのほとんどが文書を取り扱う業務です。それまでの現場での仕事から一転、まるで転職をしたかと思うほど違う世界になりました。でも、現場の仕事をわかっているからこそ、品質管理課の仕事も成り立つもの。現場で起こる問題に対してどう対応していくべきかをわかっていることは、品質管理の仕事でも大いに役立っています。さらに新たな知識を身に付けることは自分のキャリアになり、可能性を広げることにもつながるので、この部署でさらに前向きに勉強していきたいと思っています。

学生時代の経験が社会に出たときの強みに。

技術職を目指している学生さんには、理系の方が多いのではないかと思います。理系は毎日の勉強がとても大変ですが、残りの学生生活では今しかできないことをたくさん経験してください。その中で、年齢や価値観の違う人と接し、正面から向き合って本気で付き合ってみてください。その経験が自分自身を成長させ、社会に出たときにきっと強みになります。当社は、好奇心が旺盛で新しいことを吸収して世界を広げながら積極的にチャレンジできる人に向いている企業です。技術職の現場では挫折しそうになる場面もありますが、強いメンタルを持ってチャレンジできる人、どんなに忙しくても苦しい状況でも理想の将来像を持って向上できる気持ちの熱い人にどんどん入社していただきたいと思います。社員同士がとてもフレンドリーでよい関係を築いている当社で、そんな個性を持った後輩の皆さんと仕事ができることを楽しみにしています。