上司からのコメント
営業・管理部門

採用決定がゴールではありません。
本当の勝負は入社後。若手の新風を吹かせよう!

管理課 課長

彼の仕事ぶりは?

どんな仕事でも前向きに取り組む彼。入社2年目ではありますが、仕事の飲み込みは早いし、新しい業務にも積極的ですし、申し分ありません。アメフトで鍛えているので体つきはとてもがっちりしていますがデスクワークも得意で、パソコンでの作業も素早くこなしてくれて、社員みんなが助けられています。

うちの会社は、ひとつの業務を各部署が連携しながら進めていきます。お客様とのやりとりをする部署、作業の工程を考える部署、見積をする部署、現場で作業をする部署などが常に連携しているので、お互いに密に連絡を取り合うことが不可欠です。彼は、いろいろな部署と幅広くコミュニケーションをとっていますし、彼のお父さんくらいの年齢の社員ともよく話をしているようなので、私も安心して見ています。我が社のこういった部署間の連携やコミュニケーションというのは、ひとつの伝統ともいえます。彼にも、この伝統をさらに引き継いでもらえるとうれしいですね。

これから入社する皆さんへ

私たちの会社でもっとも大切なのは、やはりチームワークと人間関係です。みんなが信頼しあって、協力しあって、つながりを持ちながら仕事をしていくのがJRC特機のやり方です。これから入社する若手の皆さんにも、そういったところを大切にしてもらえたらいいですね。そして、新入社員の皆さんにもぜひ、どんどん意見を言っていただきたいです。我が社をさらに改善していけるように、若い方の考え、新しい風を入れていってください。皆さんのそんな積極性を伸ばし、育てていくことは私たち上司、先輩の役割でもあると思っています。ぜひ、一緒に前進していきましょう。

学生の皆さんの就職活動はまだまだ厳しい状況にあると聞いています。何十社もの試験を受けていたりすると、採用されることがゴールになってしまうかもしれません。でも、大切なのは入社をしたその後です。本当の勝負はそこからです。採用までの段階で疲れきってしまってはもったいない。入社してからも守りに入ることなく、パワフルに歩んでいってほしいと思います。